マイティ・マイツ 12人の屈強な戦士たち

マイティ・マイツ 12人の屈強な戦士たち

【ストーリー】 実話に基づく感動のスポーツドラマ。2022年2月2日よりデジタル配信開始。大恐慌時代、シューズやボールすらなかった孤児院のアメリカンフットボールチームが、テキサス州大会出場を果たす。到底勝ち目はないと思われたこのチームだが、困難に見舞われても再び立ち上がるその強い精神力で試合に勝ち続ける。その姿は地元の町や州、そして復興を必要とする全国の人々の心を鼓舞し、ついにはルー

続きを読む

街の上で

街の上で

【ストーリー】 『愛がなんだ』などの今泉力哉監督が、下北沢を舞台に紡いだ群像劇。自主映画への出演依頼が舞い込んだ青年の数日間と、女性たちとの交流を描く。ドラマ「ブラックスキャンダル」などの若葉竜也が主演を務め、穂志もえか、古川琴音、萩原みのりらが共演。下北沢の古着屋で働く青年・荒川青は、たまにライブを見たり、行きつけの古本屋や飲み屋に行ったりしながら、基本的にひとりで行動している。生

続きを読む

DV ドメスティック・バイオレンス

DV ドメスティック・バイオレンス

【ストーリー】 夫やパートナーが、妻や恋人に対して暴力的になる、DVを描いた社会派ドラマ。『櫻の園』『でらしね』の中原俊監督が、現代社会や大都市が抱える闇に真っ向から挑んだ意欲作。鬼頭泰子はジュエリーショップに勤める29歳の女性。ひと回り歳の離れた夫・昭吾との間に子供はなかったが、愛と信頼で結ばれた幸せな夫婦のはずだった。3度目の結婚記念日の夜、花束を手に泰子のショップへと立ち寄った

続きを読む

きばいやんせ!私

きばいやんせ!私

【ストーリー】 夏帆が主演を務め、『百円の恋』『嘘八百』の武正晴監督と脚本・足立紳コンビがタッグを組んだヒューマンコメディ。主人公の女子アナウンサーが、鹿児島県南大隅町の祭りを取材しながら仕事や生き方を見つめ直す姿を、豊かな自然と共に描き出す。不倫騒ぎで週刊誌に叩かれて左遷され、仕事にやる気も目標も見いだせず、投げやりな日常を送り、「クソ女」と思われている女子アナ、児島貴子。そんな彼

続きを読む

JUNO ジュノ

JUNO ジュノ

【ストーリー】 16歳の少女が予想外の妊娠を経験し、現実を受け止めながら成長していくさまを描いたヒューマンコメディ。『サンキュー・スモーキング』のジェイソン・ライトマン監督が、『ハード キャンディ』で衝撃を与えた成長著しいエレン・ペイジの魅力をいかんなく引き出した。第80回アカデミー賞では作品賞を含む4部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。今どきの女子高生、ジュノ16歳。好奇心から

続きを読む

タクシードライバー 奔放な女

タクシードライバー 奔放な女

【ストーリー】 タバコとセックス、そして運転は止められない!男性社会で生きる勝気な紅一点。超刺激的な人生を描くスプラッシュ・ドラマ。主演は『フクシマ・モナムール』などのロザリー・トマス。ドイツ・ハンブルクに暮らすアレックスは、人生を変えたくてタクシー会社の女性ドライバーの募集に応募する。社長をはじめ、同僚も個性的な男性ばかりの職場ではあったが、その中で紅一点、働き始める。奔放な彼女は

続きを読む

クライ・マッチョ

クライ・マッチョ

【ストーリー】 『許されざる者』『ミスティック・リバー』『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』『運び屋』など数々の名作を生み出してきたハリウッドの生ける伝説クリント・イーストウッドが監督・製作・主演を務め、1975年に発刊されたN・リチャード・ナッシュによる小説を映画化した、落ちぶれた元ロデオスターの男が、親の愛を知らない少年とともにメキシコを旅する中で「本当の強さ」の新たな価

続きを読む

新聞記者/The Journalist シーズン1(全6話)

新聞記者/The Journalist シーズン1(全6話)

【ストーリー】 「ドクターX ~外科医・大門未知子~」の米倉涼子が、強い信念をもつ新聞記者を演じる、受賞歴のある映画に基づくシリーズ。Netflixで2022年1月13日より配信。報道に対して強い信念をもつ新聞記者が挑むのは、政府の汚職疑惑をめぐる深い闇。巨大権力の圧力にも屈することなく、真実を暴くことはできるのか!? 【スタッフ】 監督:藤井道人 脚本

続きを読む

ドライブ・マイ・カー

ドライブ・マイ・カー

【ストーリー】 村上春樹の短編小説を原作に描くヒューマンドラマ。妻を失い喪失感を抱えながら生きる主人公が、ある女性との出会いをきっかけに新たな一歩を踏み出す。『寝ても覚めても』などの濱口竜介が監督と脚本を手掛けた。2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画では初となる脚本賞を受賞。ほか、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞の3つ

続きを読む