鬼龍院花子の生涯

鬼龍院花子の生涯

【ストーリー】

直木賞作家・宮尾登美子の同名小説を五社英雄監督が映画化し、大正から昭和にかけての二つの時代に生きた土佐の侠客・鬼龍院政五郎とその周辺の女たちのドラマチックな生き方を描く。夏目雅子のセリフ「なめたらいかんぜよ」は流行語となり、彼女の代表作ともいえる作品。土佐の侠客である鬼龍院政五郎は、大正10年に松恵という養女を取った。松恵は政五郎の身の回りの世話をしながら成長する。政五郎は末長という男と対立していたが、末長の妻が経営する料亭からさらった娘つるを妾にした。つるは翌年、政五郎の娘を出産。娘は花子と名付けられた。花子が女学生になったころ、政五郎は高校教師の田辺と知り合い意気投合、十六歳になった花子の婿にしようとする。しかし田辺は松恵と愛し合うようになっていた。

 

【スタッフ】

  • 監督:五社英雄
  • 脚本:高田宏治
  • 撮影:森田富士郎

 

【キャスト】

  • 仲代達矢
  • 夏目雅子
  • 岩下志麻
  • 仙道敦子
  • 佳那晃子
  • 高杉かほり
  • 中村晃子
  • 新藤恵美
  • 室田日出男
  • 夏木勲
  • 佐藤金造
  • アゴ勇
  • 益岡徹
  • 松野健一
  • 岩下浩
  • 誠直也
  • 梅宮辰夫
  • 岩尾正隆
  • 成田三樹夫
  • 内田稔
  • 小沢栄太郎

 

【情報】

  • 製作:日本
  • 上映時間:146分
  • 公開日:1982年6月5日

 

動画を視聴する

予備:mixdrop

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!

コメントは受け付けていません。