荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて

【ストーリー】

R15+指定。『テッド』が日本でも大ヒットを記録したセス・マクファーレン監督が、銃すら撃った経験のない地味で冴えない羊飼いの青年を主人公に、その不満と不安に満ちた生きざまを豪華キャストで描いた西部劇コメディ。現代の視点から伝統的な西部劇のセオリーをことごとく破壊し、やり過ぎと思わせるほどの毒っ気は健在。過激な下ネタやブラックユーモアまで、何でもありの痛快作となっている。1882年、西部開拓時代のアリゾナ。そこは、タフさ自慢の男と無法者が何かにつけて銃をぶっ放し、野生化した動物と低モラルな民衆が溢れる、まさに“生活するには最悪な土地”だった。そんなアリゾナの田舎町で暮らす、地味でオタクな羊飼いのアルバート(セス・マクファーレン)は、文化度が低く危険な西部の町を心底嫌い、銃すら撃った経験が無く、決闘を挑まれても屁理屈を並べて逃げ出す始末で、呆れたガールフレンドのルイーズ(アマンダ・セイフライド)にも捨てられてしまう。そんなある日、超一流の射撃の腕を持つミステリアスな美女・アナ(シャーリーズ・セロン)が町に現れ、アルバートはある事をきっかけに彼女と急接近。やがて二人は恋に落ちてしまうが、時を同じくして西部最悪の大悪党・クリンチ(リーアム・ニーソン)が町に乗り込んできて、アナに近づいたアルバートをぶっ殺そうとするのであった・・・。

 

【スタッフ】

  • 監督:セス・マクファーレン
  • 脚本:セス・マクファーレン、アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド
  • 撮影:マイケル・バレット

 

【キャスト】

  • セス・マクファーレン
  • シャーリーズ・セロン
  • ジョバンニ・リビジ
  • ニール・パトリック・ハリス
  • リーアム・ニーソン
  • クリストファー・ヘイゲン
  • マット・クラーク

 

【情報】

  • 原題:A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST
  • 制作:アメリカ
  • 上映時間:116分
  • 公開:2014年10月10日

 

吹き替え版を視聴する

 予備:vidia

予備:dood

予備:clipwatch

予備:aparat

 


アダルト同人

アダルトPCゲーム

大人のおもちゃ通販

コメントは受け付けていません。