秘本 袖と袖

秘本 袖と袖

【ストーリー】

R18+指定。近代日本文学史上に妖しき光を放つ三大奇書の一つ、「秘本 袖と袖」をロマンポルノとして完全映画化したエロティックドラマ。監督は『東京エマニエル夫人』『OL日記 濡れた札束』などの加藤彰。鶴田栗之助は、風葉と号して小説を書くかたわら、友人、村木の妹・常子に英語を教えていた。広い邸内に住む兄妹は両親もなく、彼を家族同然にもてなした。その頃村木は胸を患っていたが、浅草の「千鳥」という飲み屋の酌婦お照と実懇の仲になっていた。ある雨の夜鶴田はとある家の中へ招き入れられた。狐に化かされたような気になっていると、美人が酒肴を持って現われた。女はこの家の主婦君子で、夫が日霧戦争に出征中の軍人で、永い間の孤閨に耐えられず知り合いの若い男を相手にしていたのだが、今夜は目の悪い乳母が間違えて鶴田を招き入れてしまったのだった。事情を察した鶴田は強引に君子に迫るが、彼女の股間には貞操帯がはめられていた。だが諦めた君子は貞操帯の鍵を彼に渡した・・・。

 

【スタッフ】

  • 監督:加藤彰
  • 脚本:田中陽造
  • 撮影:高村倉太郎

 

【キャスト】

  • 風間杜夫
  • 井上博一
  • 宮下順子
  • 梢ひとみ
  • 中島葵
  • 花柳幻舟
  • 吉野あい
  • 高橋明

 

【情報】

  • 製作:日本
  • 上映時間:78分
  • 公開日:1974年10月26日

 

動画を視聴する

 予備:dood

予備:clipwatch

予備:aparat

 


「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!

コメントは受け付けていません。