白夜

白夜

【ストーリー】

ロシアの文豪ドストエフスキーの短編小説を『夏の嵐』の巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督が映画化したラブロマンス。主演は『青い潮』のマリア・シェル、『恋多き女』のジャン・マレー、『女と男』のマルチェロ・マストロヤンニの三ヶ国の俳優を揃えている。オールロケが多いルキノ・ヴィスコンティ作品には珍しく、全編スタジオで撮影された。1957年ヴェニス映画祭サン・マルコの銀獅子賞を受賞。青年マリオは運河と橋の多い港町に転勤してきた。マリオは夜の町を散歩中に、運河の橋でたたずむ女性と出会う。マリオはその謎めいた女性に惹かれた。明晩、マリオは女性から事情を聞き出した。女性の名はナタリア。彼女は一年前に恋人と再び会う約束をしていた。ナタリアはその約束を信じて、毎夜橋で恋人を待っているのだった。3日目の夜。マリオはナタリアとダンスホールで楽しい時間を過ごした後、愛を告げたが、彼女は相手にしてくれず去っていった。だが町中でばったり再会したことから、寄り添いながら雪の降る夜の町をさすらうことになる・・・。

 

【スタッフ】

  • 監督:ルキノ・ヴィスコンティ
  • 脚本:ルキノ・ヴィスコンティ、スーゾ・チェッキ・ダミーコ
  • 撮影:ジュゼッペ・ロトゥンノ

 

【キャスト】

  • マルチェロ・マストロヤンニ
  • マリア・シェル
  • ジャン・マレー
  • クララ・カラマーイ
  • ダーク・サンダース

 

【情報】

  • 原題:LE NOTTI BIANCHE
  • 制作:イタリア
  • 上映時間:107分
  • 公開:1958年4月1日

 

字幕版を視聴する

予備:clipwatch

予備:aparat

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!

コメントは受け付けていません。