特捜部Q 檻の中の女

特捜部Q 檻の中の女

【ストーリー】

世界的に人気を集めるユッシ・エーズラ・オールスン原作のミステリー小説「特捜部Q」シリーズの第1作「檻の中の女」を、本国デンマークで映画化したサスペンスミステリー。未解決事件を扱う窓際部署所属刑事の活躍が、スリルあふれる描写で綴られる。殺人課の敏腕刑事カール・マーク。ある事件で部下を失い重傷を負った彼は、復職後に新部署「特捜部Q」への転属を命じられる。“終わった”と判断された捜査報告書の整理が新たな仕事となったが、それらの資料の中には5年前に話題となった美人議員ミレーデ・ルンゴー失踪事件の捜査ファイルも含まれていた。ミレーデは弟との船旅の途中で行方不明となり、その後も何も発見されないまま“船上からの投身自殺”と結論づけられていた。だが、その捜査結果にあらためて違和感を持ったカールは、助手のアサドと共に調査を開始する。そして、次々と明らかになる新事実により「彼女は自殺などしていない、事件に巻き込まれたのだ」という確信が導きだされていく。果たして、彼女は殺されたのか!?

 

【スタッフ】

  • 監督:ミケル・ノルゴート
  • 脚本:ニコライ・アーセル
  • 撮影:エリック・クレス

 

【キャスト】

  • ニコライ・リー・コス
  • ファレス・ファレス
  • ソニア・リクター
  • ミケル・ボー・フォルスゴー
  • ソーレン・ピルマーク
  • トールス・リュービュー

 

 


 

【情報】

  • 原題:THE KEEPER OF LOST CAUSES
  • 制作:デンマーク
  • 上映時間:97分
  • 公開:2015年1月24日

 

字幕版を視聴する

予備:highstream

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!5万本以上!

>>エロアニメもアリ<<

コメントは受け付けていません。