火宅の人

火宅の人

【ストーリー】

家庭を捨て、新劇女優と同棲するなど、苦悩を抱えながらも自由奔放に生きた放浪の作家・壇一雄の自伝的同名小説を『蒲田行進曲』の深作欣二監督が映画化したヒューマンドラマ。作家、桂一雄は、最初の妻リツ子に死なれ、後妻としてヨリ子をもらった。ヨリ子は腹ちがいの一郎をはじめ、次郎、弥太、フミ子、サト子と5人の子供を育ててきた。昭和31年、夏、一雄は新劇女優、矢島恵子と事をおこした。8年前の秋、彼女が知人の紹介状を持って訪ねて来て以来、その率直さに心魅かれていたのだ。恵子はその後、一雄の忙しい時に原稿の清書を手伝ったりしていた。26年に「長恨歌」で直木賞を受けた一雄は、受賞の喜びよりも恵子の嬉しげな笑顔の方が、心に残る。だが、指一本触れたことがなかった。そんな時、一雄の身辺に凶事が重なった。

 

【スタッフ】

  • 監督:深作欣二
  • 脚本:深作欣二、神波史男
  • 撮影:木村大作

 

【キャスト】

  • 緒形拳
  • いしだあゆみ
  • 原田美枝子
  • 松坂慶子
  • 檀ふみ
  • 石橋蓮司
  • 井川比佐志
  • 山谷初男
  • 利根川龍二

 

【情報】

  • 製作:日本
  • 上映時間:132分
  • 公開日:1986年4月12日

 

動画を視聴する

予備:clipwatch

 


「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!

コメントは受け付けていません。