柘榴坂の仇討(ざくろざかのあだうち)

柘榴坂の仇討

【ストーリー】

『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの著作が映画化されてきた人気作家・浅田次郎による短編集「五郎治殿御始末」所収の一編を映画化した時代劇。監督は『沈まぬ太陽』などの若松節朗。『壬生義士伝』などの中井貴一が主人公を熱演し、阿部寛、歌舞伎役者の中村吉右衛門ら実力派が共演する。安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は、時の大老・井伊直弼(中村吉右衛門)に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツ(広末涼子)は酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩もすでに無い13年後の明治六年(1873年)、ついに金吾は最後の仇・佐橋十兵衛(阿部寛)を探し出す。しかし皮肉にもその日、新政府は「仇討禁止令」を布告していた。「直吉」と名を変えた十兵衛が引く人力車は、金吾を乗せ柘榴坂に向かう。そして運命の二人は13年の時を越え、ついに刀を交えるが・・・。

 

【スタッフ】

  • 監督:若松節朗
  • 脚本:高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫
  • 撮影:喜久村徳章

 

【キャスト】

  • 中井貴一
  • 阿部寛
  • 広末涼子
  • 高嶋政宏
  • 真飛聖
  • 吉田栄作
  • 堂珍嘉邦
  • 近江陽一郎
  • 木崎ゆりあ
  • 藤竜也
  • 中村吉右衛門

 

【情報】

  • 製作:日本
  • 上映時間:119分
  • 公開日:2014年9月20日

 

動画を視聴する

 予備:vidia

予備:dood

予備:clipwatch

予備:aparat

 


「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!

コメントは受け付けていません。