東京カリギュラ夫人

東京カリギュラ夫人

【ストーリー】

R18+指定。「あえぎの女王」と言われた風間舞子主演で贈るエロティックドラマ。監督は、ネチっこい内容に闘志を燃やす小原宏裕。浮気をしている夫に愛想をつかした妻は、肉欲を満足させる秘密クラブの会員になる。SM調教、強姦、黒人SEX等を通じて徐々に女の歓びにめざめていった彼女は、受身の立場から積極的に男を漁る女に変貌していく。ある夜南条夫婦の寝室へ若い女が闖入してきた。驚く妻・沙織(風間舞子)に女は南条との性の営みを録音したテープを聞かせる。そう、彼女は南条が囲っている愛人ユカ(高原リカ)だった。開き直って妻の前でSEXを見せつける夫。耐え切れず沙織は外へ。そこで偶然、旧友・秀蘭(小川亜佐美)と再開した沙織だが、彼女は男に鎖で繋がれ男と絡み合っている自分の姿を見せつける。ショックを受け、いたたまれずに部屋を出た沙織に次々と性の嵐が襲いかかる。ジャズのキーボードを叩くような華麗な指づかい、執拗な舌づかいで彼女をとろけさせる黒人の大男。卑猥な言葉や浣腸でSMへと誘う若い男。家に戻っても沙織はこれらの強烈な体験が忘れられず、ひとりで体を慰めるようになっていた。そんな中・再び秀蘭の元を訪れた彼女は、マジックミラー越しに、自分を辱めた男たちの姿を見る。そう、全ては秀蘭の計画だったのだ。驚く沙織に秀蘭が囁く。「私、あなたを娼婦にしようと思うの」トラウマから“性”を嫌悪していた妻は、ついに男を漁る女獣へ!

 

【スタッフ】

  • 監督:小原宏裕
  • 脚本:池田正一
  • 撮影:水野尾信正

 

【キャスト】

  • 風間舞子
  • 小川亜佐美
  • 佐藤弥生
  • 高原リカ
  • 明石勤
  • 佐藤了一

 

【情報】

  • 製作:日本
  • 上映時間:61分
  • 公開日:1981年3月6日

 

動画を視聴する

 予備:vidia

予備:clipwatch

予備:aparat

 


アダルト同人

アダルトPCゲーム

大人のおもちゃ通販

コメントは受け付けていません。