徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑

徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑

【ストーリー】

R18+指定。徳川時代の過激な刑罰の数々を、牧口雄二監督ならではのドキュメンタリータッチで描いたエロティックバイオレンス時代劇。その衝撃的な内容から国内のみならず海外でもファンが多く、カルト的な扱いを受けている作品。
股裂き
釜ゆで
火あぶり
蛇責め
縛り首
焼印
むし焼き
岩石落し
鉄板焼き
猫鞭たたき
串刺し
水責め
鋸引き
引き回し
など残虐極致の地獄絵図が鮮烈に再現され、苛酷な責めに耐えかねて崩壊の喘ぎをくりかえす女の叫びが響きわたる。
寛永5年の6月。長崎奉行所与力佐々木伊織は狩りの最中まむしに噛まれた。その時、野良着姿の登世が通りかかり、なんのためらいもなく伊織の肌から毒を吸い出すのだった。数日後、伊織は登世の家を訪れるが、邪宗徒として登世の家族は長崎奉行所に連れ去られていた。長崎奉行所、お仕置場。ついに登世の父・茂造が選び出される。滑車で吊り上げられた巨大な石の下に座らされると、一気に岩が落ちてくる、岩石落しの刑だ。あっけなく終る処刑。つづいて登世の母・よしは裸にされたうえ両手足を縛られ、熱した鉄板の上に放り投げられる。鉄板焼きの刑である。その後、登世と伊織の関係を知った高坂はそれを引き裂くように登世を側女にし、毎夜、伊織を寝室に呼び寄せては、その目の前で登世を責めるのだった。思い余った伊織は登世を連れて逃亡するが、すぐに捕まってしまう。登世は、姦通の罪により最も恐れられていた股裂きの刑に処せられた。

 

【スタッフ】

  • 監督:牧口雄二
  • 脚本:志村正浩、大津一郎
  • 撮影:勝木勝夫

 

【キャスト】

  • 川谷拓三
  • 橘麻紀
  • 八木孝子
  • 泉ユリ
  • 浅川詩織
  • 城恵美
  • 汐路章
  • 岩尾正隆
  • 長島隆一
  • 野口貴史
  • 北村英三
  • 内村レナ
  • 風戸佑介

 

【情報】

  • 製作:日本
  • 上映時間:80分
  • 公開日:1976年9月4日

 

動画を視聴する

予備:mixdrop

予備:videobin

予備:vidlox

予備:clipwatch

 


「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!

コメントは受け付けていません。