官能小説の女

官能小説の女

【ストーリー】

R15+指定。世界的ベストセラーを原作に、美しい女子学生と41歳の孤独な小説家の9ヶ月に渡る愛と欲情を描くエロティックドラマ。41歳、小説家のウォルターは、通っている図書館で美しい女子学生のアグネスに出会う。ミステリアスな彼女に惹かれ、二人は自然と身体を重ねる関係に。新しい小説を書き出せずにいたウォルターに、自分たちの恋愛を物語にするよう提案するアグネス。二人の出会いから恋人として過ごす日々を赤裸々に書き綴るウォルター。官能的な妄想を交えつつ、しかし次第にそれはウォルターにとって都合の良い展開へと書き換えられていく。さらにアグネスが妊娠したことを知り、事実を受け入れられなかったウォルターの現実逃避はエスカレート。彼のもとを去ったアグネスとの、考えうるありとあらゆる結末の妄想に憑りつかれるウォルター。寂しさの限界に達したウォルターのもとに、アグネスから流産したという一報が届き、二人は再会。恋人関係を再構築しようとする二人だが・・・。

 

【スタッフ】

  • 監督:ヨハネス・シュミット
  • 脚本:ヨハネス・シュミット
  • 撮影:ミヒャエル・ベルトル

 

【キャスト】

  • シュテファン・カンプヴィルト
  • オーディン・ヨーネ
  • ゾーニャ・バウム

 

【情報】

  • 原題:AGNES
  • 制作:ドイツ、ベルギー
  • 上映時間:104分
  • 公開:日本未公開

 

字幕版を視聴する

予備:clipwatch

 


「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!

コメントは受け付けていません。