夕暮れにベルが鳴る

夕暮れにベルが鳴る

【ストーリー】

アメリカの有名な都市伝説を基にした、ベビーシッターを勤めるある若い女性が遭遇した幼児惨殺事件を発端に、大都会のひずみが生み出した孤独な人間の異常な行動を描くサイコサスペンス。1993年に同監督・同キャストで続編『新・夕暮れにベルが鳴る』が作られた。また、2007年には『ストレンジャー・コール』としてリメイクされた。舞台はロサンゼルス。ジルはある邸宅でベビーシッターのアルバイトにつく。その夜、邸宅の主人夫妻の外出後、。広い邸内に電話のベルが鳴り響く。ジルが電話をとるが、何も応答がない。だが、それが2、3度続き、今度は「子供の様子を見たか?」という男の声が聞こえてきた。驚いたジルはいたずら電話かと思いながらも、一応警察に通報する。逆探知の結果、なんとその電話は家の中からかかっていることが判明する。その時、2階から忍びよる男の影がジルに近づく。パトロール中の警官クリフォードが男を捕え、ジルは無事だった。しかし、子供たちは無残な死体となって発見された。犯人の力ート・ダンカンは精神異常として死刑を免れ、精神病院に収容された。それから7年後。ダンカンが精神病院を脱走、今では大企業のエリート幹部の夫人におさまっていたジルのもとに、再びダンカンの影が迫る・・・。

 

【スタッフ】

  • 監督:フレッド・ウォルトン
  • 脚本:スティーヴ・フェケ、フレッド・ウォルトン
  • 撮影:ドナルド・ピーターマン

 

【キャスト】

  • キャロル・ケイン
  • チャールズ・ダーニング
  • トニー・ベックリー
  • コリーン・デューハースト
  • レイチェル・ロバーツ
  • ロン・オニール
  • スティーヴン・アンダーソン
  • ルターニャ・アルダ
  • カーメン・アルジェンツィアノ
  • ウィリアム・ボイエット

 

【情報】

  • 原題:WHEN A STRANGER CALLS
  • 制作:アメリカ
  • 上映時間:98分
  • 公開:1981年5月16日

 

字幕版を視聴する

 予備:vidia

予備:clipwatch

予備:aparat

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!5万本以上!

>>エロアニメもアリ<<

コメントは受け付けていません。