ヴィオレッタ

ヴィオレッタ

【ストーリー】

R15+指定。2011年のカンヌ映画祭において批評家週間50周年記念映画として上映され、物議を醸した問題作。1977年、母親が実の娘のヌードを撮るという反道徳的なテーマで、フランスのみならずヨーロッパや日本でも大きな議論を呼んだ写真集「エヴァ」が発表された。それから34年を経て、被写体だった娘のエヴァ自身が監督となり映画化。曾祖母とひっそり暮らすヴィオレッタは12歳。暮らしは貧しく、めったに帰ってこない母アンナは、かつては画家だったが、今は写真家を目指していた。ある日、アンナは娘をアトリエに招き入れ、妖艶なポーズをとらせる。ヴィオレッタをモデルにした写真は、親しい画家のエルンストに認められ、アンナはさらに過激なポーズを求めるようになる。個展を開き、写真は高値で売れ始めるが、ヴィオレッタは母への不信感を募らせて行く。

 

【スタッフ】

  • 監督:エヴァ・イオネスコ
  • 脚本:エヴァ・イオネスコ、マルク・ショロデンコ、フィリップ・ル・ゲ
  • 撮影:ジャンヌ・ラポワリー

 

【キャスト】

  • イザベル・ユペール
  • アナマリア・ヴァルトロメイ
  • ドニ・ラヴァン
  • ジョルゲッタ・レアウ
  • パスカル・ボンガール
  • ジェトロ・キャーヴ
  • ルイ=ド・ドゥ・ランクザン

 

【情報】

  • 原題:MY LITTLE PRINCESS
  • 制作:フランス
  • 上映時間:105分
  • 公開:2014年5月10日

 

字幕版を視聴する

予備:vidia

予備:clipwatch

予備:aparat

 


アダルト同人

アダルトPCゲーム

大人のおもちゃ通販

コメントは受け付けていません。