ラスト・デイズ・オン・マーズ

ラスト・デイズ・オン・マーズ

【ストーリー】

シドニー・J・バウンズの短編小説を基に描くSFスリラー。監督は、2001年に発表した短編アニメ『Fifty Percent Grey』がアカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネートされて業界の注目を集め、ハリウッド実写版『AKIRA』の監督候補にもあがったイギリスの俊英ルアイリ・ロビンソン。近未来を舞台に、火星で未知の生命体に遭遇したクルーたちが、思いがけない出来事に見舞われる様子を描き出す。『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』などのリーヴ・シュレイバーが主演を務め、『エンジェル』などのロモーラ・ガライらが共演。人類を乗せた初となる火星へのミッションの最終日、タンタロス基地のクルー隊員の一人は驚くべき発見をしたことを確信していた。彼はバクテリア生命が存在していた証拠となる化石を見つけたのだ。救助隊員にこの栄光を奪い取られるのを避けようと、彼は荷造りをする命令に逆らい、更なるサンプルを採集するために無許可の探索に出かける。しかし、いつも通りに進むはずだった発掘の最中に透過性の地面が崩れ、深い割れ目に落ち、死と直面した彼は大惨事に見舞われてしまう。心配した同僚たちは彼の遺体を探し出そうと試みる。しかし、もう一人の隊員が失踪した時、彼らは発見された生命体が実はまだ死んでいなかったのではないかと疑い始める。グループがばらばらになっていく中、着陸を間近にする救助船オーロラが彼らにとっての最後の望みとなるのであった。

 

【スタッフ】

  • 監督:ルアイリ・ロビンソン
  • 脚本:クライブ・ドーソン
  • 撮影:ロビー・ライアン

 

【キャスト】

  • リーヴ・シュレイバー
  • イライアス・コティーズ
  • ロモーラ・ガライ
  • オリヴィア・ウィリアムズ
  • ジョニー・ハリス
  • パトリック・ジョセフ・バーンズ

 

【情報】

  • 原題:THE LAST DAYS ON MARS
  • 制作:イギリス、アイルランド
  • 上映時間:99分
  • 公開:2014年11月22日

 

吹き替え版を視聴する

予備:clipwatch

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!5万本以上!

>>エロアニメもアリ<<

コメントは受け付けていません。