ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男

ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男

【ストーリー】

「太陽がいっぱい」「キャロル」などの作家パトリシア・ハイスミスのミステリー小説「妻を殺したかった男」を、『死霊館』『リトル・チルドレン』のパトリック・ウィルソン主演で映画化。1960年、ニューヨーク。建築家のウォルターは美しいが神経質な妻クララとの生活に息詰まりを感じていた。ある日パーティーで会話をした女性に嫉妬した妻クララが自殺未遂を起こす。ウォルターは妻に嫌気がさし、妻殺しの完全犯罪を実行したとされる男の記事を思い出し、彼に接触を試みる。数日後、クララの死体が離れた町の森の中で発見された。自殺の疑いが強かったが、ある一人の刑事は夫のウォルターを怪しむ。

 

【スタッフ】

  • 監督:アンディ・ゴダード
  • 脚本:スーザン・ボイド
  • 撮影:クリス・シーガー

 

【キャスト】

  • パトリック・ウィルソン
  • ジェシカ・ビール
  • ヴィンセント・カーシーザー
  • ヘイリー・ベネット
  • エディ・マーサン

 

【情報】

  • 原題:A KIND OF MURDER
  • 制作:アメリカ
  • 上映時間:95分
  • 公開:2017年2月18日

 

字幕版を視聴する

予備:clipwatch

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!


コメントは受け付けていません。