ポゼッサー

ポゼッサー

【ストーリー】

デヴィッド・クローネンバーグの息子ブランドン・クローネンバーグの長編2作目となるバイオレンスSFサスペンス。遠隔で人をコントロールし暗殺を実行する女と、人格を乗っ取られる男の攻防を鮮烈なビジュアルで描く。主演はハリウッド版『呪怨』のアンドレア・ライズボロー。殺し屋のターシャは、自分自身が殺しの現場に赴くのではなく、他人の脳に乗り移る装置を使って、無関係な人物に憑依し、その体を自在に操ることができる特別な才能を活かして、言わば無意識の代理殺人を実行させることから自分の手が血に染まったりはしないものの、殺しを行った意識は自分自身であるため、惨殺の記憶が山積みになったターシャは次第にメンタルに疲労を感じることに。そして、新たな殺しのミッションとして、コリンにとり憑いたターシャだったが、封じ込めたはずのコリンの意識が覚醒して、殺しを拒み、自分の存在に気づかれたターシャは、コリンの脳内に囚われ、脱出できなくなってしまう・・・。

 

【スタッフ】

  • 監督:ブランドン・クローネンバーグ
  • 脚本:ブランドン・クローネンバーグ
  • 撮影:カリム・フセイン

 

【キャスト】

  • アンドレア・ライズボロー
  • クリストファー・アボット
  • タペンス・ミドルトン
  • ジェニファー・ジェイソン・リー
  • ショーン・ビーン
  • ロッシフ・サザーランド

 

【情報】

  • 原題:POSSESSOR
  • 制作:イギリス、カナダ
  • 上映時間:103分
  • 公開:2020年・第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」部門で上映

 

字幕版を視聴する

 予備:clipwatch

予備:aparat

予備:upstream

 


「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!

コメントは受け付けていません。