ベルリン・シンドローム

ベルリン・シンドローム

【ストーリー】

R15+指定。『ウォーム・ボディーズ』『ライト/オフ』のテリーサ・パーマーが旅先で地元の男に監禁され、戦慄の恐怖を味わうヒロインを演じるオーストラリア製ホラー・ミステリー。女性監禁虐殺事件をモチーフにしたメラニー・ジューステンの小説を、『さよなら、アドルフ』などのケイト・ショートランド監督が映画化した。ヒロインを監禁する男を『THE WAVE ウェイヴ』などのマックス・リーメルトが演じる。旅行でベルリンに来たカメラマンのクレアは、優しくカリスマ的なアンディと名乗る男と出会い、たちまち恋に落ちる。そして、彼のアパートへ帰り一晩の関係を持つ。ロマンチックで情熱的な夜を過ごした翌朝、アンディが出かけた後に起床したクレア。彼女も外に出ようとするが、部屋のドアが開かない。やがて、クレアは自分がアパートの中に閉じ込められている事に気づく。彼女はなんとか部屋からの脱出を試みるのだが・・・

 

【スタッフ】

  • 監督:ケイト・ショートランド
  • 脚本:ショーン・グラント
  • 撮影:ジャーメイン・マクミッキング

 

【キャスト】

  • テリーサ・パーマー
  • マックス・リーメルト
  • マティアス・ハービッヒ
  • エマ・バディング
  • エルミラ・バーラミ

 

【情報】

  • 原題:BERLIN SYNDROME
  • 制作:オーストラリア
  • 上映時間:116分
  • 公開:2018年4月7日

 

字幕版を視聴する

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!


コメントは受け付けていません。