ビート・パー・MIZU

ビート・パー・MIZU

【ストーリー】

ビートが気になってしょうがない彼女の心に響いたのは、恋する心の鼓動だった?キュートな女の子の、ハートがキュッとする恋物語――。この世の全ての音が嫌いなヒロイン・隅子の奔走を描く、ポップな恋愛悲喜劇。 MOOSIC LAB 2019短編部門で審査員特別賞・最優秀女優賞(石川瑠華)・ミュージシャン賞(とけた電球)を受賞。主題歌はとけた電球の「焦がれる」。主演は、未完成映画予告大賞グランプリ『猿楽町で会いましょう』の石川瑠華。監督・脚本は富田未来。BPMが瞬時にわかる女・隅子(22)が主人公。あらゆる音のBPMが気になってしまって仕方がない症候群というべきか。そんな隅子は部屋の水槽に飼っている熱帯魚と穏やかに暮らしている。水中に漂う音を聞いている時に穏やかな安らぎを感じている。ヘッドホンで水中の音を流して自宅の水槽を見つめている日々。あるとき親友のユキミ が隅子にライブに誘う。一度は断ったものの「何でもお願いを訊いてもらう」ということで渋々OKを出す。そこにBPMが自然と高まってしまう高身長・イケメンのMIZUが現れる・・・。

 

【スタッフ】

  • 監督:富田未来
  • 脚本:富田未来
  • 音楽:とけた電球

 

【キャスト】

  • 石川瑠華
  • 斎藤史也
  • 齊藤英里
  • 坂田秀晃
  • とけた電球

 

【情報】

  • 製作:日本
  • 上映時間:30分
  • 公開日:2019年11月26日

 

動画を視聴する

 予備:clipwatch

予備:aparat

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!5万本以上!

>>エロアニメもアリ<<

コメントは受け付けていません。