テーター・シティ 爆・殺・都・市

テーター・シティ 爆・殺・都・市

【ストーリー】

『アダム・チャップリン』のエマニュエル・デ・サンティ監督の実弟ジュリオ・デ・サンティが監督・脚本・音楽を手がけ、「北斗の拳」に代表される日本製アニメへのオマージュを散りばめながら描いた近未来バイオレンスアクション。エンド・クレジットのスペシャル・サンクスとして、武論尊、原哲夫、ピーター・ジャクソン、ジョン・カーペンター、ポール・ヴァーホーベン、北野武、三池崇史といった、デ・サンティ兄弟が尊敬する人々の名前が載せられている。近未来のとある街、テーター・シティは、シード・システムと呼ばれる装置で管理されていた。そのシステムとは、ある電波を街中に流すのだが、その電波は犯罪者に対してだけ反応し、その本性が自殺衝動に変わり自殺へと追い込むもの。そしてその遺体を警察が回収。遺体は安全な食用の肉に加工され、バーガーのパテとなり、ハンバーガーとして売り出され、その街の人々の食料となっていく。この異常なリサイクルシステムこそシード・システムなのである。このシステムを残酷なアニメーションを用いてCMを制作し、そのCMをテーター・シティ中に流して、「この街は安全である!」という宣伝をしているから異常この上ない。そんな街で、その電波が効かないミュータント殺人鬼が現れる。そして奴は、人間同士互いを殺させる超音波のようなものを発するのだ。そんなミュータントに対抗するべく組織されたのが、特殊精鋭部隊、バイカーズだった。

 

【スタッフ】

  • 監督:ジェリオ・デ・サンティ
  • 脚本:ジェリオ・デ・サンティ
  • 撮影:ステファン・バーヒー

 

【キャスト】

  • モニカ・ムニョス
  • リッカルド・ヴァレンティーニ
  • クリスティアン・リーヴァ
  • ジュリオ・デ・サンティ
  • ウィルバー・ジィモサー

 

【情報】

  • 原題:TAETER CITY
  • 制作:イタリア
  • 上映時間:73分
  • 公開:2014年2月19日

 

字幕版を視聴する

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!


コメントは受け付けていません。