テレーズの罪

テレーズの罪

【ストーリー】

ノーベル賞作家フランソワ・モーリアックの同名小説を、オドレイ・トトゥ主演で映画化した名匠クロード・ミレールの遺作となった珠玉の文芸ロマン。1928年、フランス。良家の娘であるテレーズは、幼馴染みのアンヌの兄で、広大な松林を資産として所有するデスケルウ家の長男ベルナールと結婚する。しかし、それは愛情によるものではなく、家柄や経済状況を優先した、いわゆる“政略結婚”と言えた。退屈な結婚生活を続けるうちに、彼女の心には粗野な夫への嫌悪感が育っていく。ベルナールとの間に娘をもうけてからも、母親としての生きがいを見出だすことができないテレーズ。“自由”への渇望からか、次第に彼女は孤独な闇に心を蝕まれていくのだった。そんななか、ベルナールが原因不明の体調不良を訴える。その症状は、日に日に悪化してゆく。

 

【スタッフ】

  • 監督:クロード・ミレール
  • 脚本:クロード・ミレール、ナタリー・カルテール
  • 撮影:ジェラール・ド・バティスタ

 

【キャスト】

  • オドレイ・トトゥ
  • ジル・ルルーシュ
  • アナイス・ドゥムースティエ
  • カトリーヌ・アルディティ
  • イザベル・サドヤン
  • スタンレー・ヴェベール
  • アルバ・ガイア・ベルージ

 

【情報】

  • 原題:THERESE DESQUEYROUX
  • 制作:フランス
  • 上映時間:110分
  • 公開:フランス映画祭2013

 

字幕版を視聴する

予備:clipwatch

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!


コメントは受け付けていません。