テイキング・オブ・デボラ・ローガン

テイキング・オブ・デボラ・ローガン

【ストーリー】

R15+指定。ラスト10分に訪れるトラウマ級の恐怖映像にあなたは耐えられるか!?『X-MEN:アポカリプス』のブライアン・シンガー製作総指揮によるホラー。医大生のミアはドキュメンタリー映画の制作のためクルーを連れて、ヴァージニア州の田舎町を訪れる。そこに住むアルツハイマーを患っている老女デボラと娘サラの生活に密着取材する一行。女手一つでサラを育て上げたデボラは聡明で、意識もしっかりしているものの、夜行症のため夜になると自宅のみならず、庭にすら徘徊していく。それもアルツハイマーの症状の一つと医者は見ていたが、次第に日中でも言動がおかしくなっていくデボラ。突然凶暴になって包丁を振り回し、自らの皮を剥ぎ、背中にはおぞましい痣が出現。あまりの奇行の数々に恐怖に怯えるサラとミアたち。しかし、デボラの症状は過激になるばかりで、ついにはアルツハイマーでは説明がつかないほどの恐怖に陥れられる――!

 

【スタッフ】

  • 監督:アダム・ロビテル
  • 脚本:アダム・ロビテル、ギャヴィン・ヘファーナン
  • 撮影:アンドリュー・ヒューブシャー

 

【キャスト】

  • ジル・ラーソン
  • アン・ラムゼイ
  • ミシェル・アン
  • ブレット・ジェンタイル
  • ジェレミー・デカルロス
  • ライアン・カトロナ

 

【情報】

  • 原題:THE TAKING OF DEBORAH LOGAN
  • 制作:アメリカ
  • 上映時間:90分
  • 公開:日本未公開

 

字幕版を視聴する

予備:clipwatch

 


アダルト同人

アダルトPCゲーム

大人のおもちゃ通販

コメントは受け付けていません。