セブン・シスターズ

セブン・シスターズ

【ストーリー】

R15+指定。『プロメテウス』のノオミ・ラパスが7つ子姉妹を1人で演じたSFアクション・サスペンス。ひとりっ子政策が強行された近未来の管理社会を舞台に、1人の人格を生きることで生き延びてきた7つ子の姉妹を待ち受ける過酷な運命を描く。世界的な人口過多と飢饉による食糧不足から、厳格な一人っ子政策が敷かれた近未来。そこでは二人目以降の子供は児童分配局によって親から引き離され、枯渇した地球の資源が回復する日まで冷凍保存される。セットマン家の七つ子姉妹は、唯一の身寄りである祖父によって各曜日の名前を付けられ、それぞれ週1日ずつ外出して共通の人格を演じることで30歳まで生き延びてきた。しかしある夜、「月曜」が帰宅しなかったことで、姉妹の日常は狂い始める。「月曜」に何が起きたのか?誰かが当局に密告したのか?何者かの裏切りにより当局に命を狙われる身となった姉妹は、力と知恵を合わせて残酷な運命に抗おうとする。

 

【スタッフ】

  • 監督:トミー・ウィルコラ
  • 脚本:マックス・ボトキン、ケリー・ウィリアムソン
  • 撮影:ホセ・ダビ・モンテーロ

 

【キャスト】

  • ノオミ・ラパス
  • マーワン・ケンザリ
  • ウィレム・デフォー
  • グレン・クローズ
  • ポール・スヴェーレ・ハーゲン

 

 


 

【情報】

  • 原題:WHAT HAPPENED TO MONDAY?
  • 制作:イギリス、アメリカ、フランス、ベルギー
  • 上映時間:123分
  • 公開:2017年10月21日

 

吹き替え版を視聴する

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!5万本以上!

コメントは受け付けていません。