ズーム・アップ 暴行白書

ズーム・アップ 暴行白書

【ストーリー】

R18+指定。暴走族に踏みにじられ、夫に裏切られ、昔のレズ相手の策略に踊らされる―――。“ポルノ界の松坂慶子”と呼ばれた風祭ゆきが体当たりのレイプシーンに挑んだエロティックサスペンス。飯干晃一の原作の映画化で、脚本は『密猟妻奥のうずき』のいどあきお、監督は『女教師のめざめ』の藤井克彦。実業家の夫の後押しで、脇村塔子は深夜放送のパーソナリティを趣味でしている。ある夜、車で局へ向う塔子は暴走族に襲われ輪姦された。その中には一人の女が含まれていた。スタジオに入った塔子は、その日も“お手伝いさん”という女性から“怨み節”のリクエストを受ける。このリクエストは放送毎に来ていた。塔子は夫の脇村と、お手伝いの伊佐子の三人で大邸宅に住んでいる。脇村はヤリ手で、塔子とは二十歳も離れており、お互い過去を承知で結婚していた。脇村が海外出張することになり、塔子は伊佐子と二人になった。ある夜、例の暴走族がやって来た。あの中にいた女は伊佐子だった。早川という若者が、塔子に聞こえよがしに伊佐子とセックスしている・・・。

 

【スタッフ】

  • 監督:藤井克彦
  • 脚本:いどあきお
  • 撮影:安藤庄平

 

【キャスト】

  • 風祭ゆき
  • 川村真樹
  • 河西健司
  • 江角英
  • 平瀬りえ

 

【情報】

  • 製作:日本
  • 上映時間:69分
  • 公開日:1981年10月9日

 

動画を視聴する

予備:clipwatch

予備:aparat

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!

コメントは受け付けていません。