スマホ・PC・タブレット対応♪楽しみながら稼げちゃう!?

ご挨拶

こんにちは、編集長です。

当サイトをご愛顧くださりありがとうございます。

今後もどんどん更新していく所存ですのでよろしくお願い致します。

 

日本はギャンブル大国!?

競馬

それでは、早速本題に入ります。

日本の法律では民間のギャンブルは禁止されています。公営ならば禁止されていません。

公営のギャンブルというと、

  • 競馬
  • 競輪
  • 競艇
  • オートレース
  • 宝くじ

が挙げられます。

 

パチンコやパチスロもギャンブルには変わりないのですが、法の網をかいくぐって経営されています。お店では換金できずに、お店の外にある「景品交換所」で換金するので違法ではないという理屈です。

容易に想像できると思いますが、その利権には天下り官僚などが関わっています。ですからパチンコ屋は通常は摘発されません。

 

宝くじはLOTOやサッカーくじなど何種類もありますし、競馬・競輪・競艇・オートレースなどもそれぞれファンがいますし、TV中継もされています。パチンコやパチスロも一度もやったことがない方は少ないのではないでしょうか?

 

そう、すでに日本はギャンブル大国なんです。

 

必ず、知っておきたい「還元率」とは!?

還元率

還元率って聞いたことありますか?

簡単に言うと、

使った金額に対して、どれくらいの確率でお金が戻ってくるか

ということです。

ギャンブル名 還元率
競馬 70~80%
競輪 75%
競艇 75%
オートレース 70%
宝くじ 46%
パチンコ・パチスロ 80~85%

上の表を見ていただくと分かると思いますが、例えば競輪で1万円賭けたとすると7,500円が平均的に戻ってくるということです。これが還元率です。

100%を超えなければ確実に販売する側に利益が生まれます。

 

競馬の有名なG1レースなどはとても人気があるので、日本中でその1レースだけでも数百億円は馬券が買われるでしょう。仮に、500億円分馬券が売れたとすると、100億~150億円という大金がJRAに入ります。

すごい金額ですよね。

 

 

パチンコ・パチスロ

パチンコ・パチスロの場合、公表しているのは、あくまでも機械を製造しているメーカーの数字です。

ですので、お客さんが勝ちやすいか負けやすいかは店舗次第になります。

設定や釘などで調整できます。

また、先ほど「パチンコ屋は通常は摘発されません。」と書きましたが、遠隔操作といってお店側が意図的にお客に負けさせるようにコンピューターなどで操作した場合は摘発されます。実際に過去にいくつか事例があります。

 

一昔前にはプロと称してパチンコやパチスロで儲けたお金で生活しているという方がいましたが、現在ではどうなんでしょうね。

というのも、大きく勝ったり、大きく負けたりというギャンブル性が高くなることを、国が規制しているんです。近年、その動きはどんどん厳しくなっています。

ですので、お店側も「1パチ」や「5スロ」などと、通常よりも安い料金で楽しんでもらうという工夫をしています。当然、負けた金額も少なくなりますが、勝った場合も大きくは勝てません。

 

そして、なによりも問題なのが、還元率が80~85%という部分です。

私も一時期パチンコやパチスロをやったことはありますが、体感としてはそんなに高くないんじゃないかと思います。同じように感じる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

宝くじ

特に宝くじ!

還元率が半分以下!!

ジャンボなどが発売される時はたくさんの方々が行列に並んでいるのをニュースでもよく観ますよね。でも、莫大な売り上げの半分も購入者には還元されないんです。

 

宝くじの中でも人気のある年末ジャンボ宝くじですが、2018年の一等当選金は7億円でした。

しかし、その当選確率は2,000万分の1。

パーセントにすると、たったの0.000005%。

1ユニットが2000万枚でその中から一等1枚と前後賞2枚が出ます。

ということは、1ユニット購入すれば当たります。

1枚300円ですから、前後賞を含めた10億円を確実に狙うなら、連番で300円×2000万枚=60億円が必要ということです。

はい、大赤字ですね。実際に購入する方はいないでしょうけど。

 

もちろん、私も購入したことはあります。300円しか当選したことはないですけど笑

今は全く買いません。当選確率が低すぎますから。

 

よく「夢を買う」と言いますが、私もその気持ちはわかります。でも、購入した瞬間に胴元に50%以上も入るシステムなんて知ったら馬鹿らしくて買えません。

 

ある存在を知ってからは全く買っていません。

 

 

 

「ある存在」とはカジノです!

カジノ

カジノといえば、ラスベガスやシンガポール、マカオなどが有名ですよね。

きらびやかで豪華なイメージ。

ホテルも綺麗で食事やアルコールも楽しめます。

これらのように実際にホテルなどの建物があって運営されているカジノをランドカジノと呼びます。

 

そのランドカジノの還元率はというと・・・

 

 

 

90〜95%

と言われています。

今まで紹介したギャンブルと比べたらすごく高いですよね。

還元率が高い=勝ちやすいということです。

宝くじなどと比べたら役2倍以上勝ちやすいのがランドカジノです。

 

カジノと言えば「一攫千金」か「大借金」というイメージがある方もいらっしゃると思います。

ですが、それはマスコミによる印象操作とも言えます。

「ラスベガスのスロットで普通の主婦が50億円当たった」とか「カジノにのめり込んで会社のお金を横領した」など、極端な場合しか報道しませんよね。

ですから、そういう風に刷り込まれてしまってるんです。

実際には、楽しく遊んでる方が多いんです。

 

 

でも、、、、

カジノで遊ぶためにわざわざ海外へ行くのはハードルが高いですよね。

時間もお金も掛かってしまいますし。

 

 

おすすめはオンラインカジノ!

オンラインカジノ

そこで、おすすめなのがオンラインカジノです。

ランドカジノの還元率って高かったですよね。

ですが、オンラインカジノの還元率は95〜98%なんです!

すごくないですか?あらゆるギャンブルの中でもトップでしょう。

 

なぜ、こんなに勝ちやすいかというと、ランドカジノと比較してみると、

  • 豪華なホテルや設備が必要ない
  • スタッフが少なくて済むので人件費が抑えられる
  • 光熱費が安い

などの理由が挙げられます。

 

 

オンラインカジノって違法じゃないの?インチキはない?

オンラインカジノ

例えば、日本人が韓国やラスベガスへ旅行に行って、カジノで遊んでも逮捕されませんよね?

それは、その国ではカジノが合法だからです。外国では、日本の法律は適用されず、現地の法律が適用されます。

 

実は、2016年にイギリスに運営元があるオンラインカジノを利用した日本国内在住の男性3名が単純賭博の疑いで京都府警によって逮捕された事件がありました。

ここで注意したいのが、逮捕=有罪ではないという点です。

逮捕された3名のうち2名は略式起訴を受け入れ、罰金を払う形での釈放を選択したことから裁判へと進展することはありませんでしたが、1人の男性は「逮捕は不当だ」ということで、裁判で争いました。

そして、結果は、該当のオンラインカジノは運営元が海外にあることから検挙できないにもかかわらず、その利用者だけが検挙されることの不当性が認められ不起訴処分となりました。無罪放免です。

現在の日本の法律では個人的に海外のオンラインカジノで遊んでも有罪にはできないのです。

 

ただし、店舗を借りてパソコンを何台も準備し、お金を取って客にオンラインカジノをやらせたら違法です。闇カジノと同じですからね、京都の例とは全く違うということは分かっていただけると思います。

 

 

次に「インチキはないの?怪しくない?」という点について。

オンラインカジノを運営するには特別なライセンス=許可証が必要となります。

全世界48ヶ国以上が定める、とても厳しい審査基準があり、ライセンスを取得するにはこのさまざまな条件や基準をすべてクリアしなければなりません。

運営者の親族や株主などに暴力団関係者またはマフィア関係者がいないかなどという事までチェックされます。

ですから、運営側に不備や不正があった場合には、このライセンスは発行されず、サービスを運営することは絶対にできません。

様々な厳正・厳格な審査を通過しなければ、本当に安心できるサービスは運営することは出来ないようになっているのです。

 

さらに、ライセンスが取得できても、第三者機関による監視の元でしかオンラインカジノを運営することはできません。常に監視されています。

不正が見つかれば、即営業停止です。

また、還元率などに関してもランドカジノもオンラインカジノも正確な情報を政府の機関に提出しなければなりません。

この場合も、不正が見つかれば、即営業停止です。

 

安心・安全に楽しめるのがオンラインカジノなんです。

ですから、世界中で親しまれているんです。

 

 

オンラインカジノの利点について

メリット

まずは、ランドカジノと比べると、

  • 旅費が要らない
  • ドレスコードがない
  • 24時間365日好きな時間に好きな場所で遊べる
  • 還元率が高い
  • 英語など分からなくても日本語で良い

などが挙げられますね。

ドレスコードというのは、服装に規定があることで、格式の高いランドカジノの場合、Tシャツ短パンなどのラフな格好は入場NGだったりします。

 

 

さらにオンラインならではのメリットやサービスもあります。

登録するだけで30ドルもらえて、そのお金でプレイできたり、「初回入金ボーナス」と言って、初めて入金する際に、300ドル入金したら、+300ドルもらえて合計600ドルで遊べたりします。多いところだと500ドルというオンラインカジノもあります。

他にも、連日のようにキャンペーンやイベントを開催しています。海外旅行が当たったりもしますよ。

 

世界中で楽しまれているオンラインカジノですが、日本では海外と比べて認知度がまだまだ低くいので、各オンラインカジノは日本へのサービスを充実させることによって、新規のユーザーを増やしたいんです。

ですから、多くのオンラインカジノが日本語対応になっています。

 

 

おすすめのオンラインカジノってあるの?

おすすめのオンラインカジノ

はい、あります。

日本人向けのオンラインカジノについての詳しいデータがありまして、

ランキング

そして、

ナンバーワン

総合ランキングで堂々1位なのがベラジョンカジノです。

ベラジョンカジノ

※右上のログインのところをモザイクにしてるのは私もベラジョンで遊んでるからです

 

実際、たくさんのオンラインカジノの中でもベラジョンカジノが日本人にとっては1番遊びやすいと思います。

登録ボーナス、初回入金ボーナス、キャンペーンの多さ、どれをとっても最高ランクです。

チャットサポートも日本語ですし、英語は必要ありません。

 

「登録ボーナス」は通常は10ドルなんですが、ご紹介する特設サイトから登録すると3倍の30ドルもらえます。

※弊社のスタッフで、その30ドルをスロットだけで200ドル以上に増やした強者がいます笑

スロットをプレイしてみれば、パチスロなんかよりはるかに当たりやすいのが実感できますよ。

また、スロットでは、数十万円の当たりは毎日のように出てますし、大きいときは数億円になります。

 

手堅くいくなら

  • バカラ
  • ブラックジャック
  • ポーカー

など。

一攫千金を狙うならスロットですね。

ですが、いろんな種類のゲームがあるので、最終的にはお好みになりますね。

ライブゲームと言って、本物の人間のディーラーさんと画面越しにゲームを出来たりもします。

その時の気分で決めるのもアリですね。

 

こちらの特設サイトからだと

  1. 図解入りマニュアル
  2. 無料登録だけで30ドルプレゼント(メールかチャットで伝えるだけ)
  3. 初回入金ボーナスが最大500ドル

という特典が付いています。

 

課金が必要なゲームアプリなんかより、はるかに楽しいですよ。しかも稼げる確率が高いですし。

実際に、朝、電車かバスで通勤中のおばさまがスマホでプレイしていて、7億円以上の賞金をGETしました。当然、会社には行かなかったそうです笑

 

無料でもたくさんのゲームをプレイできるのでまずは当たりやすさを体感してみてください。

そして、登録だけでもらえる30ドル=約3,000円で遊んでみてください。

もし、「当たらない」「面白くない」と思えば入金せずにやめたらいいだけです。損は一切ありません。

日々の楽しみのひとつに加えてみてはいかがでしょうか?

矢印ベラジョン特設サイトを見てみる

 

 

おまけ

賭け麻雀

麻雀

麻雀に自信のある方はこちら。

矢印オンライン賭け麻雀で稼ぐ

 

 

スポーツベッティング

スポーツベッティング

海外スポーツなどに詳しい方はこちら。

矢印安心と信頼の老舗ブックメーカー

 

 

コメントは受け付けていません。