ジェーン・ドウの解剖

ジェーン・ドウの解剖

【ストーリー】

R15+指定。遺体安置所を舞台に身元不明女性遺体の検死から、さまざまな怪現象が巻き起こる恐怖を、リアルな解剖シーンの描写を交えて描いたオカルトホラー。トロント国際映画祭など世界各地の映画祭で高い評価を得た。監督は、『トロール・ハンター』などのアンドレ・ウーヴレダル。ベテラン検死官トミーは、同じく検死官の息子オースティンと遺体安置所を営んでいる。ある嵐の夜、警察から緊急の依頼が入る。それは、謎の惨殺事件の現場から全裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の死体の検死解剖だった。通常の検死だと思われたが、メスを入れ解剖を進めるにつれ、体内が焼かれ切断されているなど、異常な状態が判明。やがてあり得ない物の数々が体内で見つかり、起こり得ない現象が次々と発生、衝撃と戦慄が走る。外は暴風雨、通信も途絶えていた。隔絶され、閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖が始まる・・・。

 

【スタッフ】

  • 監督:アンドレ・ウーヴレダル
  • 脚本:イアン・ゴールドバーグ、リチャード・ナイン
  • 撮影:ロマン・オーシン

 

【キャスト】

  • エミール・ハーシュ
  • ブライアン・コックス
  • オフィリア・ラヴィボンド
  • マイケル・マケルハットン
  • オルウェン・ケリー

 

【情報】

  • 原題:THE AUTOPSY OF JANE DOE
  • 制作:イギリス
  • 上映時間:86分
  • 公開:2017年5月20日

 

吹き替え版を視聴する

 予備:vidia

予備:clipwatch

予備:aparat

予備:upstream

 


「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!

コメントは受け付けていません。