ケミカル・ハーツ

ケミカル・ハーツ

【ストーリー】
クリスタル・サザーランドが2016年に発表したデビュー作を映画化した、恋をしたことがない17歳の少年ヘンリー・ペイジと転校生グレース・タウンの出会い、成長を描く青春ラブロマンス。監督・脚本は『サウスサイドであなたと』のリチャード・タンネ。ヘンリー・ペイジ(オースティン・エイブラムズ)にとって高校最後の年は、誰もが欲しがる学校新聞編集長の座を得られるかどうかにかかっている。少なくとも彼はそう思っていた。しかし打診されたのは杖をついた人を寄せ付けない転校生、グレイス・タウン(リリ・ラインハート)との共同編集長。一目でグレイスに恋をしたヘンリーは、彼女が日常生活を取り戻す手助けをしようと心に決める。しかし彼女は自分を“治そう”とする彼にイラ立ちを見せる。ついにグレイスが心を開き始めた時、ヘンリーは彼女には人生がひっくり返るような痛ましい秘密があることを知る。そしてあるがままの彼女を愛するようになると、彼は自分自身のことを理解し始めるのだった。

 

【スタッフ】

  • 監督:リチャード・タンネ
  • 脚本:リチャード・タンネ
  • 撮影:アルバート・サーラス

 

【キャスト】

  • オースティン・エイブラムズ
  • リリ・ラインハート
  • カラ・ヤング
  • C・J・ホフ
  • サラ・ジョーンズ
  • アディール・カリアン
  • ブルース・アルトマン

 

【情報】

  • 原題:CHEMICAL HEARTS
  • 制作:アメリカ
  • 上映時間:93分
  • 公開:Amazon Prime Video:2020年8月21日

 

字幕版を視聴する

予備:vidia

予備:clipwatch

予備:aparat

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!


コメントは受け付けていません。