ウトヤ島、7月22日

ウトヤ島、7月22日

【ストーリー】

2011年7月22日にノルウェーのウトヤ島で起こった無差別銃乱射事件を、生存者の証言に基づき映画化。97分間の本編のうち、事件の発生から収束までの72分間をワンカットで描いた。『ヒトラーに屈しなかった国王』などのエリック・ポッペが監督を務めた。数百人の若者が集い、キャンプファイヤーやサッカーに興じながら政治を学び語り合っているウトヤ島。そんな時、突如として銃声が響き、若者たちを恐怖に陥れた。何が起こっているのかわからないまま仲間たちと森へ逃げ込んだ少女カヤ。携帯で連絡を取っても何が起こっているか分からない。やがて仲間たちは水辺に向かって走り出すが、カヤは恐怖の中勇気を奮い起こし、離ればなれになった妹エミリアを捜し始めるのだが・・・。

 

【スタッフ】

  • 監督:エリック・ポッペ
  • 脚本:シブ・ラジェンドラム・エリアセン、アンナ・バッヘ=ビーク
  • 撮影:マルティン・オッテルベック

 

【キャスト】

  • アンドレア・ベルンツェン
  • アレクサンデル・ホルメン
  • ブレーデ・フリスタット
  • エリー・リアンノン・ミューラー・オズボーン
  • ソルヴァイク・コルーエン・ビルケランド

 

【情報】

  • 原題:UTOYA 22. JULI
  • 制作:ノルウェー
  • 上映時間:97分
  • 公開:2019年3月8日

 

吹き替え版を視聴する

 予備:vidia

予備:clipwatch

予備:aparat

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!5万本以上!

>>エロアニメもアリ<<

コメントは受け付けていません。