わたしのSEX白書 絶頂度

わたしのSEX白書 絶頂度

【ストーリー】

R18+指定。数々の日活映画の製作現場を支えた名物女性スクリプター、白鳥あかねが手掛けた数少ない脚本の一つを、鬼才・曾根中生監督が、先鋭的な演出手腕を存分に発揮して鮮やかに映像化した三井マリア主演による傑作エロティックドラマ。昼は大病院の採血係、夜は娼婦の生活を送る看護婦の性生活を描く。青山真治監督は本作をオールタイムベスト10の1本に挙げている。大学病院で採血係として働くあけみ(三井マリア)は、予備校に通う弟のキヨシとアパートで暮らしていた。ある日、近所に住むストリッパーのリリィ(芹明香)の情夫で、ヤクザ風の隼人が訪ねてきた。彼はあけみに茶封筒を手渡すと、キヨシに渡すように言付けた。茶封筒をあけたあけみは、隼人とリリィのセックスを撮ったいくつかの写真を目にした。彼女はそれらに欲情し、オナニーをはじめた。そこにキヨシが帰宅。あけみは弟を挑発するように彼の体を触った。キヨシは押し入れに逃げ込み、戸を閉じた。あけみはその戸を少し開けると下腹部に手を伸ばし、喘ぎ、悶えた。数日後、病院に隼人が現れ、あけみに娼婦の仕事を持ちかけた。憤慨するあけみだったが、後日、それを引き受けることにする。

 

【スタッフ】

  • 監督:曾根中生
  • 脚本:白鳥あかね
  • 撮影:萩原憲治

 

【キャスト】

  • 三井マリア
  • 村国守平
  • 益富信孝
  • 芹明香
  • 神坂ゆずる
  • 梓ようこ
  • 浜口竜哉
  • 花上晃
  • 五條博
  • 影山英俊
  • 伊豆見英輔
  • 桑山正一

 

【情報】

  • 製作:日本
  • 上映時間:70分
  • 公開日:1976年2月21日

 

動画を視聴する

 


「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!

コメントは受け付けていません。