なで肩の狐

なで肩の狐

【ストーリー】

R15+指定。花村萬月の同名小説を吉川次郎が脚色し渡辺武が監督した、椎名桔平主演のハードボイルド・バイオレンス・アクション。足を洗いバーテンとして暮らすかつての伝説の殺し屋が、内に秘めた暴力を爆発させる様を描く。冷徹で虚無的な翳を漂わせる男・木常(椎名桔平)。かつて「なで肩の狐」と呼ばれ恐れられた木常も、カタギとなり、幼なじみの玲子が経営するバーでバーテンとして働いていた。そんな木常のもとへ、ヤクザ時代の仲間・徳光(哀川翔)が訪れた。“ある物”を預かってほしいという。徳光は人生の再起を賭け、福岡組のシャブ代金2億円を持ち逃げしていたのだった。福岡組組長代行の笹山(鶴見辰吾)は、その金を取り戻そうと木常に迫る。そしてそれが、木常の中に眠っていた“野生の血”を次第に甦らせていく。さらに、笹山の部下たちに玲子を誘拐された木常は、玲子を取り戻すべく銃を手に入れ、徳光とともに笹山の事務所に乗り込んだ。玲子の救出に成功した木常だったが、徳光は笹山の部下に撃たれてしまう。

 

【スタッフ】

  • 監督:渡辺武
  • 脚本:吉川次郎
  • 撮影:安藤庄平

 

【キャスト】

  • 椎名桔平
  • 哀川翔
  • 鶴見辰吾
  • 光石研
  • 清水千賀
  • 洞口依子

 

【情報】

  • 製作:日本
  • 上映時間:101分
  • 公開日:1999年4月1日

 

動画を視聴する

予備:clipwatch

 

「観たい映画がなかった」「もっと高画質がいい」という方はこちら!31日間無料なので、その間に解約すれば料金は発生しません

矢印日本最大級のビデオ・オンデマンド

アダルトも見放題!5万本以上!

>>エロアニメもアリ<<

コメントは受け付けていません。